予防歯科

contact_tel.png
WEB予約

予防歯科について

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの病気を治療するのではなく、それらの病気予防を目的として行われる歯科治療です。まだまだ日本では「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」という認識が一般的ですが、欧米などの予防歯科先進国では、「病気にならないために歯科医院に行く」という習慣が定着しております。

虫歯も歯周病も症状が進行すればするほど、治療に時間がかかったり、抜歯のリスクが高まったりしますが、早期発見・早期治療することで、こうした負担やリスクを減らすことは可能です。ですが、それ以上に大切なことは、「虫歯や歯周病にならないようにする」ことです。

当院の予防歯科では、「PMTC」「フッ素塗布」「ブラッシング指導」など、病気予防に効果的な治療を提供しておりますので、これらを定期的に受診することで、虫歯や歯周病とは無縁な健康な歯を手に入れるようにしてください。

PMTC

PMTCとは、「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング:Professional Mechanical Tooth Cleaning)」の略で、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って歯石や歯垢(プラーク)を除去します。ご自宅でのブラッシングでは落とすことのできない汚れなども、これによりきれいに除去することができ、病気予防に高い効果を発揮します。

フッ素塗布

人体にも含まれている安全な成分である「フッ素」を、歯の表面に塗布することで、歯を虫歯になりにくくします。そのほか、歯の再石灰化を促進する効果があるので、初期の虫歯の治癒を早めることも可能です。フッ素塗布は、生えたての乳歯や永久歯に対して高い予防効果を発揮すると言われておりますが、大人の歯にも効果は期待できます。年に2~4回程度定期的に塗布することで、より予防効果を高めることができます。

ブラッシング指導

患者様お一人おひとりの歯の状態を診させて頂いた上で、適切なブラッシング方法をご指導します。しかし、いくら適切なブラッシング方法で歯を磨いても、歯ブラシが歯に合っていなければ高い効果は望めませんので、患者様の歯に合った最適な歯ブラシもご紹介させて頂きます。

歯ブラシの選び方一つでも、予防効果は大きく変わります

虫歯になりやすい方、歯周病にかかっている方、親知らずが生えている方、それぞれで使うべき歯ブラシは異なります。それぞれに合ったものを選ぶことが大切です。歯の状態に合っていない歯ブラシでいくら時間をかけてブラッシングしても、歯茎の際の汚れが全然取れていないということもあります。

当院では、歯科医師や歯科衛生士がセレクトした、ブラッシング効果が高い歯ブラシを多数ご用意しておりますので、患者様のお口の中を診させて頂いた上で、最適な歯ブラシをご紹介させて頂きます。

効果的に病気を予防するためには、定期健診が欠かせません

当院では予防歯科を受診される患者様に、必ずPMTCを行いますが、PMTC後には合わせてフッ素塗布も行います。この一連の治療を4ヶ月に1回程度の頻度で定期的に受けられることで、歯を虫歯になりにくくすることが可能です。

また、4ヶ月に1回程度の頻度で定期健診を受けるメリットとして、4ヶ月前後では虫歯はそれほど進行しないことが多いため、早期発見・早期治療をはかることができる点が挙げられます。虫歯に限らず、歯周病もそうですが、発見が遅れて症状が進行すればするほど、治療に時間がかかったり、抜歯のリスクが高まったりしますので、定期健診により早期発見・早期治療をはかるようにしてください。

初診専用窓口 24時間ネット予約可
さくら夙川駅前おきた歯科 オフィシャル公式サイト 提携病院 母と子の上田病院 インスタグラム
side_inq_sp.png