小児歯科

contact_tel.png
WEB予約

お子様の大切な歯を、病気からお守りします

小児歯科では、お子様の歯に対して虫歯などの病気の治療や、「フッ素塗布」「シーラント」「ブラッシング指導」などの予防を行います。乳歯は大人の歯と比べて柔らかいため、虫歯になりやすく、進行も早いという特徴があります。

虫歯になってから歯科医院に連れて来られると、場合によっては、痛みをともなう治療を受けさせなければいけない可能性もあります。そうならないためにも、定期的にお越し頂き、フッ素塗布などの治療を受けさせてあげて、効果的に病気予防をはかって頂ければと思います。

また、そうして子供の頃から定期的に歯科医院に通い続けることで、歯が痛くなっても歯科医院に行くことができない、「歯医者嫌いの子」にしないようにすることができます。「歯科医院に定期的に通う」という習慣を付けさせてあげること、これがお子様の大切な歯を病気から守る第一歩なのです。

フッ素塗布

人体にも含まれている安全な成分である「フッ素」を、歯の表面に塗布することで、お子様の歯を虫歯になりにくくします。そのほか、歯の再石灰化を促進する効果があるので、初期の虫歯の治癒を早めることも可能です。フッ素塗布は、生えたての乳歯や永久歯に対して高い予防効果を発揮すると言われており、年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。

シーラント

シーラントとは、虫歯になりやすい奥歯の溝をフッ素の樹脂で塞ぐことで、虫歯になりにくくする予防方法です。永久歯に生え変わり始めた幼稚園から小学校低学年のお子様におすすめです。

ブラッシング指導

歯を病気から守るためには、歯の状態に合った歯ブラシで、適切にブラッシングすることが大切です。「毎日、時間をかけて歯を磨かせているのに、なぜかすぐに虫歯になる」のは、歯ブラシの選び方やブラッシング方法に問題があるのかもしれません。当院ではお子様の歯の状態を診させて頂いた上で、最適な歯ブラシをご紹介し、適切なブラッシング方法をご指導します。

食生活の指導

甘いお菓子やジュースなど、糖質を多く含む食品を頻繁に食べさせたり、飲ませたりすると、虫歯などの病気にかかるリスクを高める結果に繋がります。そのほか、不規則な食事や「ダラダラ食べ」なども、そうしたリスクを高める場合があります。診察時にお子様の食生活を詳しくお伺いした上で、病気になりにくい食生活をご指導させて頂きます。

定期健診

虫歯などの病気を早期発見・早期治療するためにも、当院では4ヶ月に1回程度の頻度で定期健診を受けられることを推奨しております。定期健診の際にはフッ素塗布を行い、歯を虫歯になりにくくします。フッ素塗布は1年に2~4回程度定期的に受けることで、さらに予防効果を高めることが可能です。

お子様に寄り添って治療します

お子様を治療する時には、いきなり歯を削るのではなく、その子の状態に合わせて治療を進めるようにしております。大丈夫そうな子には、すぐに治療を行う場合もありますが、まだ治療が難しそうな子には、とりあえずチェアに座ってもらうだけにし、お話をしたりアニメを観てもらったりなどして、少しずつ歯医者に慣れてもらうようにしております。決して、押さえつけて無理矢理治療するようなことは致しません。

また、「お子様」と一口に言っても、1歳と2歳とではまったく様子が異なり、さらには同じ1歳でも、お子様によって適切な治療の進め方というのは変わってきます。こうしたお子様一人ひとりの違いをきちんと把握し、それぞれに合った「寄り添う治療」を提供することで、「また行きたい!」と言ってもらえる歯科医院を目指します。

「歯医者嫌い」のお子様に、積極的に治療を受けて頂くために

「歯医者嫌い」のお子様の多くが、治療に対して「痛い」「怖い」というイメージを持っています。こうしたイメージを少しでも払しょくし、積極的に治療を受けて頂くために、当院では部分麻酔によってできる限り痛みを抑えた「無痛治療」を実施しております。さらに、部分麻酔の注射そのものが痛くては本末転倒ですので、「表面麻酔」や「コンピュータ制御の麻酔注射器」などにより、注射時の痛みの軽減をはかるようにしております。

<表面麻酔>
歯茎の表面に麻酔薬を塗り、注射時の痛みを軽減させます。

<コンピュータ制御の麻酔注射器>
麻酔注射の痛みは、針を刺した時ではなく、麻酔液を注入する時に強く感じと言われています。コンピュータ制御の麻酔注射器であれば、麻酔液の注入速度を一定に保つことにより、痛みの発生を抑えることが可能です。当院では、痛みが少なく楽に注射ができる「アネジェクトⅡ」を採用しております。

<カートリッジウォーマー>
麻酔注射の痛みの原因の1つに、「麻酔液と体温との温度差」が挙げられます。当院では、麻酔液を体温に近い温度にまで温めることができるカートリッジウォーマーを使用することで、注射時の痛みを軽減させます。

<33Gの超極細針>
現在、最も細いと言われている33Gの超極細針を使用することで、痛みの発生をできる限り抑えます。

「乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」は間違いです!

「乳歯は生え変わるから、虫歯になっても大丈夫」とお考えになっているお母様もいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いです。乳歯が虫歯になると、その後に生えてくる永久歯に対して「歯並びや、歯の形が悪くなる」などの悪影響をもたらす可能性があります。そして何より、子供の頃に虫歯になる子は、「お口の中を清潔な状態に保つ習慣」が身に付いていないため、成長して永久歯が生えてきた時にも虫歯になる確率が高いのです。

ですので、「乳歯だから大丈夫」とお考えにならず、お子様の歯が虫歯になったらすぐに治療を受けさせて、歯を健康な状態に保つとともに、「お口の中を清潔な状態に保つ習慣」を身に付けさせてあげるようにしてください。

初診専用窓口 24時間ネット予約可
さくら夙川駅前おきた歯科 オフィシャル公式サイト 提携病院 母と子の上田病院 インスタグラム
side_inq_sp.png